VIO脱毛の「デザイン」「恥ずかしい」「痛み」3大不安を解消

夏の水着、友達との温泉旅行、異性とのラブメイク……。

VIOをキレイに整えておきたい場面って意外とあるもの。

水着を着て堂々とする女性

VIOのムダ毛を整えるために、あなたはどんな処理をしていますか?

2、3日に1回のペースで、カミソリなど自己処理をしている方もいるでしょう。

ですがVIOのようなデリケートな部位を、頻繁に自己処理すると黒ずみの原因となります。

新たな黒ずみを作ることなく、VIOのムダ毛をキレイにするのであれば、VIO脱毛がオススメです!

とはいってもVIOを脱毛するのは、とても勇気がいるもの。

「脱毛したいけどVIOのデザインってどうすればいいの?」

「脱毛サロンのスタッフさんにVIOを見られるのは恥ずかしいし・・・」

「VIO脱毛って絶対痛いよね?」

普段は誰にも見せないデリケートな部位だからこそ、人には聞けない不安や悩みが大きいでしょう。

そこで今回は、VIO脱毛をするうえで多くの人が抱えている「デザイン」「恥ずかしさ」「痛み」の3つの悩みを一つずつ悩みを解消していきます!

また、デリケートなVIOの脱毛を失敗しないために、VIO脱毛に効果的な脱毛方法と各サロンやクリニックのVIOの照射範囲についても紹介します。

デリケートなVIOだからこそ、不安や悩みをしっかり解消して、自分にあった脱毛サロンや医療クリニックを見つけましょう。

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛

VIO脱毛3つの悩みを解消する前に、VIO脱毛のメリットやデメリットを今一度確認しましょう!

VIO脱毛はメリットの方が多いですが、デメリットもあります。

脱毛後に後悔しないように、VIO脱毛をするべきかどうか考えてみてください。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛をすることで得られる一番のメリットは「清潔感」

海外ではVIOのムダ毛は不衛生だという概念が強く、エチケットとして昔からVIO脱毛が当たり前のように行われてきました。

有名人がVIO脱毛の口コミを広げたことで、最近では日本でもVIOに対して清潔感を求める考え方が広まっています。

これを期にあなたもVIO脱毛をして「清潔感」を手に入れましょう!

1.VIOの臭いを軽減できる

VIOはムダ毛のせいで通気性が悪くなり、臭いの元となります。

とくに生理のときは、ナプキンなどの使用や、経血が毛に絡まることで、雑菌が増えて臭いが増すこともあるでしょう。

VIOの毛がなくなるだけで、臭いは大幅に軽減されます。

日頃からVIOの臭いが気になる方は、VIO脱毛がオススメです。

2.VIOの肌トラブルがなくなる

自己処理による肌トラブルをきっかけに、VIO脱毛を始める人も多いです。

自己処理を続けると、肌を傷つけるだけでなく、肌へのダメージが蓄積されて色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなります。

VIO脱毛で自己処理の必要がなくなることで、肌を傷つけるようなこともなくなり、肌をキレイに保つことができるでしょう。

3.男性に対しての印象が良くなる

男性は、女性のVIOのムダ毛を不潔に思っている方が意外と多いです。

「キレイに整えてほしい」「ツルツルにしてほしい」という声もあるほど。

こうした男性の声に応えてVIOを脱毛すれば、彼とのラブメイクがよりいっそう深くなるでしょう。

VIO脱毛のデメリット

一方VIO脱毛にはメリットだけではなく、デメリットもあります。

毛には何かしらの役割があるので、その毛がなくしてしまうことで、思いもよらない不便さがでてくることもあるのです。

1.生理時に横漏れをする可能性がある

VIOの毛がなくなることで、経血の流れをせき止めるものがなくなり、ナプキンから漏れることがあります。

就寝中などに寝返りを打つときはとくに注意が必要です。

VIO脱毛後に生理を迎えたら、寝るときだけでも横漏れを防ぐタイプのナプキンをつけるようにしましょう。

2.トイレ終わりに立ち上がると尿が足を伝いやすくなる

VIOの毛がなくなることで、トイレで排尿後立ち上がると、尿のしずくが足を伝いやすくなります。

VIOの脱毛をして見た目が清潔になっても、股や足が汚れていては不潔です。

VIO脱毛後には、座った状態で拭くようにしましょう。

3.施術時に肌トラブルが起こる

VIOはデリケートなために、脱毛による肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

VIO脱毛で考えられる肌トラブルは主に以下の3つです。

  • 炎症性浮腫
    皮膚が赤く浮腫んだり、腫れたりする症状。VIOはとくに症状が出やすい。
  • 毛嚢炎
    ニキビのような症状。傷ついた毛穴(毛包)に菌が入り炎症を起こす。
  • 火傷
    VIOのような毛が濃い部位は症状が出やすい。また、VIOに濃い黒ずみがある場合は、より火傷を負うリスクが高まる。

もちろん、肌トラブルが起きた場合は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックが保障してくれるので安心してください。

脱毛サロンはサロンと提携している医療機関、医療脱毛クリニックはその場で診てもらえます。

VIO脱毛ができない条件

NGの札を持った女性

残念ながら、VIO脱毛ができない人もいます。

次に当てはまる方はVIO脱毛できないので注意しましょう。

  • 生理期間中
  • 切れ痔または脱肛している
  • 肌の状態が悪い
    (傷、炎症、アトピー性皮膚炎など)
  • 薬の服用、薬の塗布をしている
など

以上の4つの条件以外にも、脱毛そのものができない条件があります。

気になる方は、VIO脱毛を検討している脱毛サロンや医療脱毛クリニックに問い合わせてみてください。

「デザイン」「恥ずかしい」「痛み」VIO脱毛の3つの不安と対策

VIO脱毛をする前のメリット・デメリットが確認できたところで、次は不安や悩みを解消していきましょう。

VIO脱毛の3つのお悩み

  1. VIOのデザインはどうすればいい?
  2. スタッフさんにVIOを脱毛されるのは恥ずかしい!対策はあるの?
  3. VIO脱毛は他の部位に比べて痛い!痛みを和らげる方法は?

1. VIOのデザインはどうすればいい?

VIO脱毛で一番悩むのが、Vラインのデザインでしょう。

まずはV、I、Oそれぞれの範囲についてご紹介します。

VIOは次のピンクの範囲が脱毛できます。

VIOの範囲

この中でデザインをするのは「V」「I」です。

「Iラインもデザインするの?」と驚かれた方もいるかもしれません。

じつは、Iラインのムダ毛をデザインせずにすべて処理してしまうと、Vラインを前から見たときに、性器の割れ目があらわになってしまうのです。

Iラインの形を残す Iラインをすべて処理する
Iライン
Iラインの形を残した時のIライン Iラインをすべて処理した時のIライン
Vライン
Iラインの形を残した時のVライン Iラインをすべて処理した時のVライン

Vラインのムダ毛は残っているのに、性器だけあらわになっていると、見た目のデザインが恥ずかしいことに……。

Vラインの形を整えるときは、Vラインの形にあわせてIラインの毛をデザインするようにしましょう。

Vのデザインの種類

Vのデザインの種類は主に8つあり、そのなかでも『自然派』のものと『おしゃれ派』なものとに分かれます。

自然派デザイン

VIOデザイン自然派

何も手を加えていないような自然の仕上がりで、ほどよい清潔感がでます。

自然派デザインのなかで一番人気なのはナチュラルです。

ナチュラルは全体的に手を加えるわけではなく、はみ出たムダ毛だけを処理したもっとも自然な形なので、VIOを脱毛したと気付かれたくない方にオススメ。

ナチュラルだけでなく、自然派のデザインは男性からも人気です。

おしゃれ派デザイン

VIOデザインおしゃれ派

普段誰にも見せないVIOに、自分風のデザインをすることで、自分だけのおしゃれを楽しむことができます。

おしゃれ派デザインのなかで最近人気が出つつあるのは、ハイジニーナです。

ハイジニーナは、英語の「hygiene(衛生)」が語源となっており、VIOの無毛状態を意味します。

ハイジニーナはVIO全体を清潔に保つことができるため、ムダ毛の蒸れや臭いから解放されたい方にオススメ

ですが、ハイジニーナを含めたおしゃれ派デザインは異性から見ると、「遊びに慣れているように見える」などの意見もあります。

男性を意識するのであれば、おしゃれ派デザインには注意が必要です。

デザインに失敗したくない方は、ナチュラルなデザインで様子をみてもいいでしょう。

一般的には、自然なナチュラルから派生したトライアングルトライアングルミニが人気なようです。

Vラインのデザインを迷っている方は、こちらの記事を参考にしてください。

VIOの形を整えるならどんなデザインがいいの?女性と男性に人気のVIOデザイン!

2. スタッフさんにVIOを脱毛されるのは恥ずかしい!対策はあるの?

普段誰にも見せないVIOを、見ず知らずの人に見せるのは抵抗を感じるでしょう。

ですが、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、少しでも恥ずかしさを抑えるために最大の配慮をしているのです。

利用者が安心してVIO脱毛ができるポイントは4つあります。

1. 施術スタッフは全員女性

脱毛サロンの施術スタッフ

施術してくれるスタッフは女性です。

同じ女性だからこそ、気遣いや配慮があるため、リラックスして施術をしてもらうことができます。

また、女性限定のクリニックや女性医師のみのクリニックを選べば、男性に見られる心配はありません。

医療脱毛クリニックの場合は施術をするスタッフは女性でも、クリニック内に男性がいることもあります。

医療脱毛クリニックの中には、同じクリニック内で、女性と男性両方の脱毛の施術を行っていることがあります。

VIO脱毛の施術中に他の利用者が、施術室に入ってくることはありませんが、男性が気になる方は、女性専用のクリニックを選びましょう。

またクリニックの中には、施術するスタッフは女性でも、在中している医師が男性であることもあります。

VIOに何か肌トラブルが起きた場合は、男性医師による診察が行われることもあるので、医師であっても男性にVIOを見られることに抵抗がある方は、女性専用のクリニックがいいでしょう。

2. VIOを隠しながら施術

VIO脱毛の施術一回あたりにかかる時間は約45分です。

45分もの間デリケートな部位が丸裸になるのは恥ずかしいもの……。

VIOを露出せずに脱毛はできませんが、すべてが丸見えの状態で施術を行うわけではありません。

施術時の格好には主に2つのパターンがあります。

  • 使い捨ての紙ショーツを履く
  • ガウンまたは腰にバスタオルを巻く

施術室に通されると、施術スタッフは席を外して上記のいずれかに着替えます。

着替えたあとの施術は、紙ショーツやガウンを少しずつずらしながら照射をしていくため、VIOすべてが丸見えの状態にはなりません。

3. 視線が合わないように目元を覆う

「VIOの脱毛中、どこを見ていればいいんだろ……?」

このように、脱毛中の目のやりどころに不安を感じているかたもいるはず。

ですが、VIOに限らず脱毛中は、目元が覆われているので、スタッフさんと視線が合うことも、目のやり場に困ることもありません。

VIO脱毛は、視線を気にせずリラックスして施術を受けてください。

4. 照射するときには声を掛けてくれる

施術の間目を覆われていると、「VIOが今どういう状況なのかが分からず不安になりそう」という方もいるでしょう。

脱毛サロンや医療クリニックでは、施術の間ずっと声を掛けてくれます。

「今から〇〇を照射しますね」

「痛みはどうですか?」

といった声掛けや、雑談などをして利用者を気遣ってくれます。

施術スタッフの優しい言葉や雑談などでリラックスしていると、施術の時間も早く感じるでしょう。

3. VIO脱毛は他の部位に比べて痛い!痛みを和らげる方法は?

脱毛をする上で一番痛い部位がVIOです。

脱毛サロンや医療クリニックどちらで脱毛をしてもVIOには痛みが伴いますが、とくに医療脱毛クリニックは痛みを強く感じます。

VIOは皮膚が薄いだけではなく、神経が多く集まっているところなので、感覚がとても敏感です。

敏感で繊細な部位なだけに、照射したときの熱による痛みを強く感じます。

そこで、施術中の痛みを和らげる方法を2つご紹介します。

1. 医療脱毛クリニックであれば麻酔を使う

一般的には、脱毛サロンでは光脱毛が扱われており、医療脱毛クリニックではレーザー脱毛が扱われています。

光脱毛やレーザー脱毛の仕組みは、黒いメラニン色素に反応する光を毛根に作用させ、毛根を作り出す毛乳頭という部分に熱のダメージを与えて発毛を止めるというものです。

つまり毛根に加わる熱によって痛みが生じているため、VIOのような黒く太い毛は光が反応しやすく、生じる熱が大きくなるとともに、痛みも強くなります。

ですが、痛みが強いということは、その分毛根にダメージが加えられているため、脱毛効果を得られている証拠なのです。

脱毛効果が得られていたとしても、痛いのは困りますよね。

医療機関である医療クリニックでは、有料で麻酔を使用することが可能です。

医療クリニックで主に使われている麻酔の種類は2つあります。

  • 笑気麻酔(しょうきますい)
    亜酸化窒素というガスを吸引する麻酔法。
    お酒に酔ったときのように力が抜けて、痛みに鈍感になります。
    施術後30分間は車や自転車の運転ができません。
  • 麻酔クリーム
    肌に直接クリームを塗る麻酔法。
    肌の神経を麻痺させることで、痛みなどの感覚がなくなります。
    麻酔の効果が表れるまでに30分かかるため、脱毛の施術時間の30分前に行かなければなりません。

これらの麻酔は、一回約3千円前後で使用することができます。

2. 痛みが少ない脱毛方法を選ぶ

医療脱毛クリニックでは麻酔を使うこともできますが、麻酔を使うことに抵抗を感じる方もいることでしょう。

そんな方は、主に脱毛サロンで扱われている痛みが少ない脱毛方法でVIO脱毛をしてみましょう。

脱毛サロン
SHR脱毛
痛み:★☆☆☆☆
発毛因子を作り出すバルジ領域に光を照射し、熱でダメージを与える脱毛方法。
医療脱毛クリニックで扱われているものよりも出力が弱い。
ストラッシュ
ハイパースキン脱毛
痛み:★☆☆☆☆
バルジ領域から作り出される発毛因子に光を照射し、熱でダメージを与える脱毛方法。
ディオーネ
医療脱毛クリニック
SHR脱毛
痛み:★★★☆☆
発毛因子を作り出すバルジ領域にレーザーを照射し、熱で破壊する脱毛方法。
医療脱毛クリニックで扱う脱毛方法の中では、痛みが少ない。
リゼクリニック
レジーナクリニック

医療クリニックで扱われているSHR式脱毛は、レーザー脱毛に比べると痛みは少ないですが、脱毛サロンよりも痛みが伴います。

痛みに弱い方は、SHR式脱毛やハイパースキン脱毛を取り入れている脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

VIO脱毛する脱毛サロンや医療クリニックの選び方

すでに3つの悩みについて紹介しましたが、他にもたくさんの不安を抱えている方もいるかと思います。

ですが不安な気持ちに押されて、脱毛サロンや医療クリニック選びの判断を誤ってはいけません。

VIO脱毛を失敗させないためにも、4つのポイントをおさえて脱毛サロンや医療クリニックを選ぶようにしてみてください。
VIO脱毛選びのポイント

1. VIO脱毛の高い脱毛効果

痛みなどの不安を優先してサロンやクリニックを選んでしまったがために、VIOの脱毛効果が十分に得られなかった!ということも……。

しっかり脱毛効果をえるためにも、高い脱毛効果のある脱毛方法について確認しておきましょう。

まず、医療資格を持たない施術者が運営する脱毛サロンと、医療資格をもつ医師が運営する医療クリニックでは扱うことができる脱毛器が違うため、脱毛効果が大きく違います。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いとは?

ですが医療資格の有無だけで、VIO脱毛をする脱毛サロンや医療クリニックを選んではいけません。

実は、各脱毛サロンや医療脱毛クリニックで取り扱われている脱毛方法の違いでも、得られる脱毛効果が違うのです。

脱毛サロン
IPL脱毛 光によって熱を加えて毛根を作り出す毛乳頭にダメージを与える脱毛方法。

VIOの脱毛効果
★★☆☆☆

S.S.C脱毛 抑毛成分の含まれたジェルを身体に塗り、光を当ててジェルを毛穴に浸透させ、抑毛効果を促す。

VIOの脱毛効果
★☆☆☆☆

SHR式脱毛 発毛因子を作り出すバルジ領域に光を照射し、熱でダメージを与える脱毛方法。
医療クリニックで扱われているものよりも出力が弱い。

VIOの脱毛効果
★★☆☆☆

ハイパースキン脱毛 バルジ領域から作り出される発毛因子に光を照射し、熱でダメージを与える脱毛方法

VIOの脱毛効果
★★☆☆☆

医療脱毛クリニック
レーザー脱毛 レーザーによって毛根に熱を加えて、毛根を作り出す毛乳頭ごと破壊する脱毛方法。

VIOの脱毛効果
★★★★☆

SHR式脱毛 発毛因子を作り出すバルジ領域にレーザーを照射し、熱で破壊する脱毛方法。

VIOの脱毛効果
★★★☆☆

ニードル脱毛 毛穴一つ一つに刺した針に電気を流して毛乳頭を直接破壊する脱毛方法。

VIOの脱毛効果
★★★★★

脱毛サロンで扱われている脱毛方法は、脱毛効果としては低いですが、痛みは少なく肌にとても優しいのが特徴です。

肌に優しい脱毛サロンで脱毛効果を得たい方は、IPL脱毛でVIO脱毛をしてみましょう。

IPL脱毛を採用している脱毛サロン
銀座カラー
ジェイエステティック

医療クリニックは脱毛サロンで扱われている脱毛方法に比べて脱毛効果も高いです。

医療クリニックで扱われる脱毛方法のなかでも、一番脱毛効果が高いのはニードル脱毛でしょう。

ですが、ニードル脱毛はその特性上痛みが非常に強く、脱毛にかかる料金が高いため、一般的な脱毛方法としてはあまり使われていません。

効率よくVIO脱毛をするのであれば、レーザー脱毛を扱う医療クリニックを選ぶといいでしょう。

また、医療クリニックの中には、脱毛方法を2種類以上取り入れているところもあります。

脱毛方法が複数あることで、自分の肌質や毛質にあわせて脱毛をすすめることができるでしょう。

医療クリニックでのVIO脱毛を検討されている方は、複数の脱毛方法を取り入れている医療クリニックを選んでみてください。

2種類以上の脱毛方法を取り入れている医療クリニック
リゼクリニック
レジーナクリニック
湘南美容クリニック

2. VIO脱毛の脱毛期間の短さ

VIOはデリケートな部位なので、施術スタッフさんに何度も見られて施術をするのは恥ずかしいですよね。

なるべく恥ずかしい思いをしないためにも、脱毛完了までにかかる回数や期間は重要になってきます。

一般的な光脱毛やレーザー脱毛でVIOを脱毛した場合には毛周期の影響を受けるため、VIOがキレイになるまでにかかる脱毛期間は最短でも約10ヶ月はかかります。

脱毛サロン 医療脱毛
脱毛回数 18回 8回
脱毛期間 3年 1年4ヶ月

脱毛サロンと医療クリニックでVIO脱毛にかかる回数が違うのは、施術一回あたりの効果が違うからです。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いとは?

また、VIO脱毛の効果を最大限に引き出すためには、施術と施術の間を2ヶ月間空けなければならないため、脱毛が完了するのに1年以上かかることもあります。

ですが、脱毛サロンのSHR式脱毛であれば脱毛完了までの期間を短縮することができます。

SHR式脱毛とは、発毛因子を作り出すバルジ領域に光を照射して、脱毛を促す方法のこと。

一般的な光脱毛やレーザー脱毛が毛根作用するのに対して、SHR式脱毛は毛ではなくバルジ領域に作用させるため、毛周期に合わせて施術をしなくてもよいのです。
SHR脱毛のバルジ領域を説明する女性
そのため、最短で2週間に一回施術することが可能となります。

SHR式脱毛は脱毛サロンと医療クリニックの両方で扱われていますが、クリニックのSHR式脱毛は、毛にも作用する効果があるため、毛周期に合わせた施術を行います。

脱毛期間を重視して脱毛サロンや医療クリニックを選ぶのであれば、SHR式脱毛を取り入れた脱毛サロンを選んでみましょう。

SHR式脱毛を取り入れた脱毛サロン
ストラッシュ

3. VIO脱毛をするのに納得できる料金設定

「VIO脱毛が安いと安全面や衛生面とか心配なんだけど……。」

VIOはデリケートな部位なだけに、料金が高くても困りますが、安くても不安を感じる方が多いと思います。

ですが脱毛料金が安いからといって、衛生面や安全面などが行き届いていないことはありません。

施設管理を怠っていれば、利用者からの信頼が得られないため、悪い口コミなどが出回ってしまうからです。

もしVIO脱毛の価格に不安を感じるのであれば、VIOの料金相場から脱毛サロンや医療クリニックを選んでみましょう。

脱毛サロン 医療クリニック
12回 120,000円
(1回あたり10,000円)
5回 73,000円
(1回あたり14,600円)

施術1回あたりの料金は脱毛サロンが安く医療クリニックは高いですが、脱毛回数による違いから、総合的にかかる料金は脱毛サロンが高く医療クリニックが安くなります。

VIO脱毛の料金に納得できるところで、VIOをキレイにしていきましょう。

脱毛サロン
ミュゼ VIO脱毛18回
135,000円
※アプリダウンロード価格
※ディプラン価格
銀座カラー 全身脱毛し放題
212,462円
ディオーネ VIO脱毛12回
103,680円
医療脱毛クリニック
レジーナクリニック VIO脱毛5回
90,720円
リゼクリニック VIO脱毛5回
49,800円
※トライアル価格
湘南美容クリニック VIO脱毛6回
58,000円

※料金は税込価格です。

4. VIO脱毛の照射範囲

じつは、各脱毛サロンや医療脱毛クリニックによってVIO脱毛の脱毛範囲は違います。

とくに、Vラインの脱毛範囲はサロンやクリニックによって大きく違うのです。

せっかくVIO脱毛をするのであれば、少しでも脱毛の照射範囲が広いサロンやクリニックを選ぶようにしましょう。

Vラインは2つ以上の部位に分かれている

VIOすべてを脱毛するのではなく、Vラインのみの脱毛を考えている方もいるかと思います。

Vラインのみの脱毛を考えている方はVラインの部位数に気をつけましょう。

ほとんどの脱毛サロンでは、Vラインは2つ以上の部位に分けられており、部位の数だけ料金が設定されています。

多いところでは最大5つの部位に分けられいるため、5部位分の料金を支払わなければなりません。

Vラインの脱毛範囲

医療クリニックの場合は、Vラインを1つの部位として扱っているところがほとんどです。

Vラインのみを脱毛する場合は、部位数で損をしないように計算をしてから脱毛サロンや医療クリニックを選ぶようにしてみてください。

Vラインのデザインを選ぶことができない場合がある

脱毛サロンや医療クリニックによっては、Vラインの外側は脱毛できても、デザインに関わるVラインは脱毛できないことがあります。

Vライン下

そのため、ハイジニーナをはじめとしたおしゃれ派デザインを作ることができないこともあるのです。

Vラインのデザインを考えている方は、Vラインの脱毛範囲は気をつけてチェックしましょう。

【Q&A】人には聞けないVIO脱毛の悩み

VIO脱毛に関する悩みは、VIO脱毛の施術を考えているサロンやクリニックのスタッフさんに聞くのが1番!

とはいうものの、実際にデリケートなVIOに関する質問をするのは抵抗あるでしょう。

そんなあなたのために、人には聞きづらいVIO脱毛の不安や悩みをピックアップして、できるだけ解決していきたいと思います。

施術前のOラインの自己処理はどうすればいいの?
Oラインは処理しなくてもかまいません。

Oラインは見えづらい部位であるため、処理をしたときに傷をつけてしまうこともあります。

Oラインを自己処理をするのは危険なので、脱毛当日に施術スタッフさんにお願いしてシェービングをしてもらいましょう。

ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは、Oラインを無料でシェービングしてくれます。

Oラインをシェービングしてもらうことに抵抗を感じる方は、Oラインを傷つけないように自己処理してください。

VIOの自己処理の方法については「デリケートゾーンの自己処理」をご覧ください。

施術のときのVIOのニオイはどうすれば気にならなくなる?
VIOのニオイが気になる場合は、施術前に次の3つのどれかを行うといいでしょう。

  1. 事前にシャワーを浴びておく
  2. 施術の前にトイレでウォシュレットで洗浄しておく
  3. 施術前の着替えの際にウェットティッシュで拭いておく

VIOは誰でもニオイがしてしまうものなので、あまり考えすぎる必要はありません。

どうしても気になるようであれば、上記の3つのうちのどれかに取り組むことで対策をしてみてください。

施術の途中でIラインが濡れないか不安な場合はどうすればいいの?
施術時にジェルを使用する脱毛方法を取り入れている脱毛サロンや医療クリニックを選びましょう。

VIO脱毛の施術時は、不安や緊張で身体がこわばっているため、Iラインが濡れることはほとんどありません。

どうしても気になる方は、施術時にジェルを使用する脱毛サロンや医療クリニックを選んでみてください。

照射した光で肌が高温になるのを防ぐためにジェルを塗るのですが、Iラインの施術をするときには濡れたときのカモフラージュにもなるでしょう。

施術後に性交渉はしてもいいの?
性交渉しても問題はありませんが、しないほうがいいでしょう。

VIO脱毛の施術後は高確率で炎症を起こしてヒリヒリすることがあります。

何かしらの炎症を起こしているときに刺激を与えると、炎症の悪化や色素沈着をする場合もあるのです。

また、施術後は見た目も赤くなっていることもあるため、相手に見られたくない方は性交渉を避けた方がいいかもしれません。

VIO脱毛の不安や悩みについてのまとめ

VIO脱毛への不安や悩みは解消されましたか?

VIO脱毛の不安や悩みを以下にまとめてみました。

  • VIOのデザインはナチュラルがスタンダード
  • VIO脱毛の痛みが不安なときのポイント2つ
    • 医療脱毛クリニックで麻酔を使用する
    • SHR脱毛でVIO脱毛をはじめる
  • VIO脱毛をする脱毛サロンや医療脱毛クリニックの選び方
    • 脱毛効果が高い脱毛方法でVIO脱毛をする
    • 脱毛完了期間が短い脱毛方法でVIO脱毛をする
    • 料金に納得できるサロンやクリニックでVIO脱毛をする
    • VIOの脱毛範囲が広いサロンやクリニックでVIO脱毛

VIOはとても敏感な部位ですから、メリット・デメリットを理解してから脱毛しましょう。

各サロンやクリニックで最初にカウンセリングをしますので、わからないことや不安なことがあれば納得できるまで相談してから施術を受けるようにしてください。