脱毛契約後のはじめての脱毛は、緊張や不安がありますよね。

とくに施術前の自己処理に不安を抱えている方も多いのではないのでしょうか?

「どのくらい自己処理していけばいいんだろう・・・」

「剃りにくいところってどうやって自己処理すればいいの?」

「剃り残しのせいで追加料金取られたらどうしよう・・・」

など、はじめて受ける脱毛だからこその悩みってありますよね。

でも実は、剃り残しがないほど完璧に自己処理をする必要はありません。

なぜなら脱毛サロンや医療脱毛クリニックには、シェービングサービスがあるからです。

もし剃り残しがあったとしても、スタッフさんがきれいにシェービングをしてくれます。

ですが、いい加減に自己処理を終わらせて、剃り残しが多過ぎるとスタッフさんを困らせてしまいます。

完璧に自己処理をする必要はないですが、ある程度自分でキレイに処理する仕方についても知っておきましょう。

今回は脱毛サロンや医療クリニックのシェービングサービスと、自己処理の仕方について紹介します。

脱毛の前に自己処理が必要な理由

自己処理を完璧にしなくてもいいとご紹介しましたが、自己処理をいい加減にしてもいいということではありません。

脱毛の施術前のシェービングは、しっかりとしておかなければならないのです。

一般的な光脱毛やレーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を毛根に照射して、毛根のもとである毛乳頭に熱のダメージを与えることで脱毛効果を促します。

毛根にダメージを与える仕組み

つまり照射する光は黒いものに反応するため、毛穴の中にある毛根だけではなく、毛穴から出ている毛にも反応するのです。

脱毛のやけどの仕組み

毛が未処理であると毛穴からはみ出た毛にも反応してしまい、毛乳頭へのダメージだけではなく、皮膚表面が火傷をする恐れもあります。

また毛が未処理であると、照射した光が反応する面積も増えるため、痛みが大きくなる原因になることも。

とくにレーザー脱毛の場合は照射する光が強いため、痛みを感じやすいでしょう。

肌へのリスクや痛みが心配な場合は、しっかりシェービングする必要があります。

脱毛前の自己処理とシェービングサービスの利用について

施術前の剃り残しは少ない方がいいですが、自己処理を完璧にしようと思っても、一部剃り残してしまうことが多いです。

剃り残しをなくそうと自己処理を繰り返せば肌が傷つきますし、時間もかかってしまい、あまりいいことはありません。

自己処理は目に見える範囲で行い、剃り残しがあった場合はスタッフさんにシェービングをしてもらうのがオススメです。

どのくらいの剃りの残しであればシェービングをしてもらえるのかは、以下の通りです。

  • 剃り残しが1割以下

    剃り残しとして許される量が1割と聞くと、厳しいように聞こえるかもしれないですね。

    ですがこれは、全体の毛の量に対しての1割ではなく、目視できる毛の量に対して1割なので、目に見える範囲で自己処理を行っていれば問題はありません。

  • 剃りにくい背面部位のシェービング

    背中やうなじなどの見えづらい部位や、手が届きにくい部位の自己処理は難しいですよね。

    無理に自己処理を行えば、力が入りすぎてカミソリ負けや怪我をしてしまうかもしれません。

    そのためほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは、うなじ・背中・おしり・ヒップ奥(Oライン)は、1割以上の剃り残しがあったとしてもシェービングをしてくれます。

    背面部位は無理をしないでスタッフさんにシェービングをしてもらいましょう。

この2点さえ意識をすれば、ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでシェービングをしてくれます。

シェービングサービスの4つの利用条件

すでにシェービングサービスが適用できる条件について紹介はしましたが、各脱毛サロンや医療クリニックによってシェービングサービスの利用条件は違います。

シェービングサービスの利用条件については以下の4つのパターンがあげられます。

  1. どの部位であっても剃り残しのシェービングが無料

    ただし、まったくの未処理である場合は、施術自体を断られることがある。

  2. 背面部位のシェービングは無料だが、その他部位は有料

    背面部位に関しては無料でシェービングをしてもらえるが、ほとんど未処理である場合は料金が発生するところもある。

  3. シェービングサービスはあるけど有料

    剃りにくい背面部位であっても、剃り残しがあれば料金が発生する。
    しかし、少しの剃り残しは無料でシェービングをしてくれることもある。

  4. シェービングサービスをしていない

    剃り残しがあった場合は剃り残しを避けて施術する。
    剃り残しが多い場合は施術自体を断られることもある。

※剃り残しの基準については店舗や院、スタッフによっても違うため各脱毛サロンや医療クリニックに問い合わせてみてください。

部位に関わらず、剃り残しのシェービングを無料にしている脱毛サロンや医療脱毛クリニックは少ないです。

以下の脱毛サロンや医療クリニックは、剃り残しのシェービングを無料にしています。

脱毛サロン 医療クリニック
シースリー
※「ワキ」「VIO」は持参した電動シェーバーでのみ可
レジーナクリニック
Dione(ディオーネ) リゼクリニック

自己処理の負担から脱毛をまだ始めていない方は、脱毛サロンや医療クリニック選びの参考にしてみてください。

今利用している脱毛サロンや医療クリニックのシェービングサービスについて気になる方は、直接脱毛サロンや医療脱毛クリニックに問い合わせてみましょう。

脱毛前にキレイに自己処理をする方法

脱毛サロンや医療脱毛クリニックのシェービングサービスを利用することで、自己処理の負担を減らすことができると紹介しました。

ですがある程度自己処理をしなければ、シェービングサービスは利用できません。

まったくの未処理で施術当日を迎えた場合、施術を断られてしまうか、未処理部位を避けて施術をされるため、契約した回数分の脱毛効果を得ることができないのです。

脱毛効果を得るためにも、自分でできる範囲の自己処理の方法を確認してみましょう。

正しい自己処理の方法

「自己処理の方法って、カミソリで適当に毛を剃ればいいんじゃないの?」と思っている方も多いでしょう。

ですが、正しい方法で自己処理することで、剃り残しが減るだけでなく肌への負担も少なくなります。

以下の4つの手順に沿って自己処理することをオススメします。

1. 肌を温めて柔らかくする

毛や肌が乾燥して硬い状態で自己処理をすると、毛が引っかかりやすく皮膚が傷つきやすいです。

自己処理をする時にはお風呂に入るなどして毛や肌を柔らかくしてから、剃るようにしましょう。

お風呂に入ったついでに自己処理を済ませてしまう方も多いかと思いますが、お風呂場には雑菌が多いため、なるべくお風呂場から上がって自己処理をしてください。

自己処理が必要な部位が少なく、お風呂に入るのが面倒な場合は、濡れたタオルを電子レンジで温めたものを使って該当箇所を温めるのも効果的です。

2. シェービング剤を剃毛箇所に塗る

お風呂に入ったついでに自己処理を済ませている方は、石けんなどを使用してシェービングをしている場合が多いかと思います。

滑りがよくなる点を考えると、石けんをつけて自己処理をしても構いません。

ですが自己処理をするときは、石けんよりもシェービング剤がオススメ。

シェービング剤は滑りを良くするだけでなく、保湿成分や美容成分、毛を柔らかくする成分が含まれています。

自己処理は肌に負担がかかる行為なので、なるべく肌に優しいシェービング剤を使用するようにしてみてください。

3. 電動シェーバーで処理をする

手軽に自己処理ができることから、カミソリでシェービングをする方が多いのではないでしょうか。

カミソリは切れ味がよくきれいに剃れますが、その分肌へのダメージも大きいのです。

カミソリに比べて電動シェーバーは、刃先が丸くなっているため、肌に直接刃をあてることなくシェービングすることができます。

シェービングをする以上、肌へのダメージを完全に防ぐことはできませんが、少しでもダメージを軽減するために、電動シェーバーを使いましょう。

4. 自己処理後はしっかりと保湿する

肌への負担が少ない電動シェーバーを使っても、肌へのダメージは避けられません。

肌が傷つくとバリア機能も低下してしまうため、肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥した状態で施術を行うと、火傷のリスクが高まるだけでなく、脱毛効果も下がってしまうのです。

肌の乾燥を防ぐために、日頃からの保湿ケアも重要ですが、自己処理後はとくに保湿を意識するようにしましょう。

剃りにくい部位の自己処理の仕方

背面部位などの自分で剃りにくいところは、脱毛サロンやクリニックのスタッフさんにシェービングを手伝ってもらえます。

ですが背面部位以外にも剃りにくい部位や、剃り残しをしてしまう部位があると思います。

剃りにくい部位であっても、背面部位以外はある程度の自己処理をしなければなりません。

少しでも剃り残しを防ぐために、剃りにくい部位の剃り方について紹介します。

見えるようで見えない部位

女性の背面(全身)

  • 二の腕から背中にかけて
  • 太ももからおしりにかけて
  • ひざ裏
  • ふくらはぎ

これらの部位は見えるようで見えておらず、剃り残しに気がつきにくいです。

見えづらい部位は手探りで自己処理を済ませている方も多いと思いますが、剃り残しや怪我につながるので、なるべく避けましょう。

姿見などの大きな鏡の前に立って、見えないところを確認しながら剃ることをオススメします。

スタンドミラーなどの小さい鏡を使う場合は、見やすい高さにあわせて自己処理をしてみてください。

凸凹している部位

女性の上半身

  • 手足の指と甲
  • ひじ
  • 鎖骨

これらの部位は、皮膚が薄く骨の形が出やすいため凸凹して剃りにくく、剃り残しが多いです。

関節などの凸凹は、剃りやすいようにまっすぐ伸ばした状態で剃ってみましょう。

凸凹している部位は怪我もしやすいため、自己処理の時には十分に気をつけなければなりません。

凸凹をしている部位にシェービング剤を使用すると、滑りがよくなり怪我をすることもありますので、電動シェーバーを直接当てて剃ってみてください。

シェービング剤を使用しなかった場合は、その分の保湿をしっかり行うようにしましょう。

デリケートゾーン

デリケートゾーンは皮膚が薄く、カミソリ負けしやすい部位なので、自己処理ではとくに注意をしましょう。

カミソリ負けのリスクは、自己処理の仕方によって大きく変わるため、VIOそれぞれの部位の剃り方について確認してみてください。

Vライン
  1. 剃りやすいように毛を短くカットする
  2. 姿見などの鏡の前に立って体全体のバランスを見ながらデザインを考える
  3. 剃りやすいように皮膚を伸ばすようにして剃る

Vラインは比較的見やすい部位なので、鏡を使わずに処理をしている方も多いと思います。

ですが処理後鏡で見たときに、残した毛のデザインと体とのバランスが悪く見えることもあるので、必ず鏡を使って剃るようにしましょう。

Iライン
  1. 剃りやすいように毛を短くカットする
  2. スタンドタイプの鏡を床に置いて、鏡の前に座る
  3. 三角座りの状態からどちらか片方の足をそのまま床に寝かせて開き、立っている足の方のIラインから処理していく

Iラインは、粘膜付近が傷つきやすいので注意してください。

また、粘膜部分は施術ができないため、粘膜部分に生えている毛を無理に処理しないようにしましょう。

Oライン
  1. 鏡を床に寝かせてその上にまたがる
  2. 片方の手でお尻を開きOラインが見えやすいような体勢をとる
  3. 電動シェーバーをお尻のカーブにあわせて滑らせるように剃っていく

Oラインの自己処理は鏡を使ったとしても、ほとんど手探りになってしまうため、とても危険です。

無理に自己処理をせず、スタッフさんに剃ってもらうようにしましょう。

「スタッフさんに剃ってもらうのに抵抗がある」

「シェービングに料金を払うのは嫌だ」

こういった理由からなるべく自己処理をしたいという方は、十分に注意してシェービングをしてください。

脱毛前の自己処理まとめ!自己処理は施術当日の2~3日前から

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで施術する前の自己処理について説明してきました。

最後に、自己処理をするときに気をつけることを以下にまとめたので、参考にして下さい。

  • 自己処理はどのくらいしておけばいいのか
    • 剃り残し1割以下まで自己処理をする
    • 剃りにくい部位(背面部位)は1割以上の剃り残しがあってもOK
  • 剃り残しを減らす方法を知っておく
    1. 毛を温める
    2. シェービング剤を使う
    3. 電動シェーバーを使う
    4. 保湿をする
  • 剃り残しをしやすい部位は剃り方に気をつける

    • 見えづらい部位
    • 凸凹している部位
    • デリケートゾーン

以上のことに気をつけて自己処理をしてみてください。

施術部位が多い場合は、施術前にこれらすべてに気をつけて自己処理をすると時間がかかってしまいます。

そういう時は、施術当日の2~3日前から自己処理を始めてみましょう。

施術部位の自己処理を数日に分けてシェービングすることで、一回の負担が減ります。

また数日前から自己処理を始めることで、剃り残しに気がつくこともできるのです。

できる範囲で自己処理をして、施術を迎えてください。